中古車買取業者の訪問査定を受ける際は雨の日や夜など

中古車買取業者の訪問査定を受ける際は、雨の日や夜など薄暗いときにすると金額的に有利だという意見は根強いようです。

ボディのキズやへこみが薄暗さに紛れてしまうため、減点を受けにくく、結果として高額になりえるという理屈です。

しかし雨天で隠れる程度の小傷が査定に影響するでしょうか。
それより、来てくれるならいつでもという構えで多くの業者に来てもらったほうが良いに決まっています。
業者同士で競合が起きれば全体的に提示金額が高くなるというメリットがあります。

売却予定の中古車を査定するときには、カーナビやオーディオなどのオプション品が付いていると査定額が高くなる傾向にあります。

しかし、最新モデルの車にはもはやカーナビゲーションシステムは標準装備なので、新しい型のカーナビシステムが付いていないと大きく見積額がプラスになるとは思えません。さらに、同様の理由で車にカーナビがついていない状態では査定金額からマイナスされるケースもあるのです。

期末であり年度末決算も抱えた3月と、賞与支給後の9月というのは酷暑も一段落した時期で、販売店としては車がよく売れるトップシーズンです。

中古車販売業者の多くはできるだけこの時期に商品を仕入れて捌きたいです。つまり多少高くても仕入れる(買い取る)覚悟があるわけです。

売る時期を特に決めていないのであれば、このチャンスを逃す手はありません。
また、在庫を抱えがちなのが売れ月直後の10月と4月ですが、そこは買取額がどうしても下がり気味になるのでお勧めしかねます。相場をディーラーで購入して下取り制度を利用するのなら、次の車が届くまでは古い車に乗り続けることができます。

しかしながら自分で買取業者を探して売る場合は、多少なりとも空白期間ができることもあります。どうしても車が必要であれば、あらかじめ査定を依頼する前に代車を利用する可能性があることを伝えておく必要があります。会社や店舗ごとにまったく代車がないなどということもありますし、しっかり確認しておかなければ後でとんだ出費を強いられます。

中古車の買取査定のために業者まで出向く時間がないときなどには、多くの店舗が、自宅などに来てくれる出張査定が可能です。
中古自動車査定士が自宅などに来て実際に車をチェックして、見積金額を教えてくれます。この出張査定は同時に何社かの査定スタッフに出向いてもらうことも可能です。
一気に複数の業者に依頼すれば時間短縮にもなりますし、同じ時に査定した査定スタッフ同士で査定金額の価格競争が起こるので結局のところ査定額が高くなる事が多いと言えるでしょう。

PRサイト:個人情報なしの匿名方法とおすすめの車買取ランキング