事前に成功報酬と言われていても、例えば

事前に成功報酬と言われていても、例えば、調査内容が浮気についてだった場合には、調査期間が3日間しかなかったとしたらその3日間の調査期間の間に浮気をしていなければ調査は成功ということになるでしょう。
浮気しているのかは分からないまま、調査をした間だけはたまたま浮気していなかったら、配偶者の浮気の有無をはっきりさせることができないまま、専門的な調査は完了となり、事前に約束していた成功報酬を支払うことになるのです。
実際に探偵に頼むことで浮気の証拠を掴む事が可能です。
配偶者が浮気をしているのではないかという疑いをもった場合、まず自分自身でなんとかしようと行動すると思います。ですが、浮気の決定的な証拠を自分だけで手に入れるとなると、自分の行動が相手に見つかってしまう事もなきにしもあらずです。はっきり言ってその理由は、顔がばれてしまっているからです。慣れないことを自分でやるよりは、浮気調査は経験豊富な探偵に頼んだほうがいいでしょう。
専門家である探偵にお願いすると、欲しい浮気の証拠がつかめます。素人が調査をしてみても、浮気している事実くらいならすぐにわかります。
でも、パートナーを問い詰めても浮気の事実を認めようとしなかったら、離婚を有利な条件ですることは無理でしょう。そのためには、絶対確実な証拠が必要です。
日々、相手の生活の様子を観察するのは他人に頼まなくても可能ですが、ごまかしきれないような浮気の証拠を入手するためには、やはり、しっかりノウハウを持ったプロの探偵に頼んだ方が安全、安心です。
それに、探偵にお願いすれば、浮気に関する証拠が手に入る、ということにとどまらず、いろいろ貴重な助言をもらえるというのも見逃せないメリットです。
だいたい浮気調査の調査期間は何日ぐらいなのかというと、普通は3〜4日が目安です。覚えておいていただきたいのは、これはあくまでも平均の期間です。
普段から気づかれないように気を使っているパートナーの調査だと、1週間以上、時には1ヶ月ぐらいかかってしまう場合もあります。
逆に、怪しい日がもう分かっているなら、たった1日で調査が完了してしまうこともあるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です