どのような行動をしているか記録する

どのような行動をしているか記録することで浮気を実証できる場合もあるのです。
毎日の行動の仕方には、ほとんどの場合パターンができてくるものです。
けれども、浮気をすると、そのパターンが揺らぎます。
揺らぎの出た曜日、時間帯を決定づけることができたら、動き方をよく見ていると、浮気の根拠を示す目途がたちやすくなります。成功報酬と言って誤解されがちなのは、例えば、調査内容が浮気についてだった場合には、その際の調査期間が3日間だったとするとその3日間だけ浮気をしていなければその調査に関しては成功ということになります。
実際のところは不明確であっても、その3日間だけ浮気が見つからなければ、結局は浮気の明確な証拠をつかむことなく、調査は完了し、事前に約束していた成功報酬を支払うことになるのです。問題なく探偵が調査をしていても、残念なことに依頼者の気持ちが先行してしまい、パートナーに気づかれてしまって、浮気調査が難しくなり、失敗に終わる場合もあります。浮気調査を探偵に依頼しても、確実に証拠が手に入るわけではないのです。成功しなかったときの調査にかかった費用についても、契約書を作る際に契約書に盛り込むことが必要なのです。一般に、探偵が尾行するのにいくらくらいかかるかと言うと、調査員の数によっても変わりますが、相場としては、1時間で1万円から3万円が目安です。
言うまでもありませんが、調査員の数が少なければ安く、多くなるほど高くなります。また、尾行のために車やバイクを使うと、別途交通費、車両費として請求されることがありますので、確認がいります。日常生活の中で、相手の行動をよく見ておくことは自分ひとりでできないことではありませんが、浮気を決定づけるような動かぬ証拠を掴む場合には、経験豊富なプロである探偵にお願いした方が安全、安心です。そして、探偵に頼む場合、浮気の証拠を収集してもらうだけにとどまらず、いろいろ貴重な助言をもらえるというのも見逃せないメリットです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です