探偵に浮気の調査を要請して、

探偵に浮気の調査を要請して、疑いようもない明確な証拠が手に入れば、配偶者と不倫相手には慰謝料を求めることができるのです。
心から信用のできない人間と人生を一緒に歩むのはストレスは相当なものになりますから、慰謝料を請求して離婚することは決して悪いことではありません。さらに、原因である不倫の相手に慰謝料の請求をしておけば配偶者との関係を確実に終わらせることができるはずです。夫と浮気相手のいる場所に奥さんが乗り込み修羅場と化すシーンは、ドラマ・芝居で目にすることも多いです。
夫の方が妻の浮気現場をつかまえた場合は、殺傷沙汰にまでなってしまうプロットもサスペンスにはありがちです。浮気しているところを捕まえて問い詰めるのもやり方の1つでしょう。離婚まで覚悟しているならば、問題ないかもしれません。浮気という証拠はカーナビでもつかめるでしょう。
カーナビから履歴を確かめ、浮気相手とドライブデートしたというところを見つけられることがあります。
履歴が見慣れない場所であった場合注意する必要があります。
そして、何度ももし給油していたら、車によりデートしているかもしれません。だいたい浮気調査の調査期間は何日ぐらいなのかというと、普通は3〜4日が目安です。
最初に断わっておきますが、これはあくまでも平均的な日数です。
浮気の証拠をなかなか残さないタイプのパートナーだと、1週間以上、時には1ヶ月ぐらいかかってしまう場合もあり得ます。
一方で、浮気するだろうという日が調査の前に分かっていれば、1日だけで浮気調査が終わってしまうこともあります。
相手に全く覚られずに、浮気しているという客観的な証拠を掴むためには、しっかりした機材と技術が必要になります。
せっかく撮った浮気現場の写真も、顔が見分けられないような露出不足だと証拠とは認められません。
浮気調査を探偵が依頼されたときは、用途に適するサイズのカメラも用意し全く気づかれずに顔がはっきり判る写真を撮ることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です