法律的に、結婚している男女がパートナー以外

法律的に、結婚している男女がパートナー以外の人と自分の方から男女の関係になることを不倫と定義しています。
ということは、法律の中では、肉体関係を持っていなれば、一緒に時間を過ごしていたとしても、浮気とはいえません。
個人で男女の関係を実証することは難しいかもしれませんが、プロに頼んで調べてもらうという手もあります。
尾行について時間による代金設定がされている場合、尾行時間が短い探偵の方が、お金がかからなくなります。というわけで、尾行依頼を探偵にする時には、日頃からパートナーの生活のパターンを観察しておく必要があります。
最も疑いのある時間帯や曜日に追跡をお願いすると、探偵にも余計な手間をかけずに済み、双方にとって利益があります。
探偵は依頼するのにお金がいりますから、単純に、「じゃあ自分で尾行しよう」とする人がいるでしょう。簡単にできそうに思えますが、それはテレビドラマの話で、いざ、自分がしてみると変に思われず相手を見張り続けるというのはとても技術がいるでしょう。
相手の隙を掴まねばならないのに警戒されてしまえば、浮気の決定打を見逃してしまう可能性もあります。
相手の非を認めさせるには確実な証拠がいるので、浮気調査は探偵がしたほうが確実です。
配偶者が不倫をした場合、あなたの夫または妻、そしてその不倫相手に慰謝料を請求できます。しかし、あなたの夫または妻が不倫する前から、一緒に住んでいる意味が無いくらいに、二人の間に亀裂があったと認められる場合、あなたは二人に対して慰謝料を請求できません。慰謝料の金額というのは、どのくらいの精神的苦痛があったか、年齢や結婚してからどのくらい経つかなど様々な角度から検証して裁判所に委ねることとなります。
例えば、携帯で通話した履歴から浮気の証拠を掴めるのです。なぜなら、ケータイを浮気相手との連絡手段に使われるのが当然だからです。
近年、メールやラインで連絡をことも増えていますが、浮気相手の「声」を聞きたくなる時もあるでしょう。
ですから、空き時間に電話することは十分考えられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です